コンテントヘッダー

アンティークピアノとの別れ

これは、築150年以上の今の家に住み始めた時からずっと一緒に暮らしていたアンティークピアノです。

20210214_141110_convert_20210224225021.jpg

この街に引っ越して来たばかりの時に、家具をモダンなものに総入れ替えするというお金持ちの家から譲り受けました。元の持ち主は楽器や歴史の専門家ではないのでいつの時代のものなのか、どういういきさつでここにあるのかはわからないし、ピアノも弾けないので音が出るかもわからないと言っていました。でも、蓋を開けてみると、美しい象牙の鍵盤がまだ健在で、弾けるんじゃないかという気がしたので、古い弦に負担をかけないようにゆったりとしたショパンのノクターンを弾いてみたのです。

IMG-20210213-WA0009_convert_20210224234428.jpg

その音は、今でも忘れられません。遠い過去から語り掛けてくるような、古びた、でも、ブレない芯のある音色でした。これには元の持ち主も「音が出た!」とびっくり。

グランドピアノならともかく、箱ピアノの鍵盤を象牙で作ろうなんて、これは今では考えられない、古い時代のヨーロッパ人の考え方だなとすぐにピント来ました。そもそも象牙なんて、現在では手に入りません。とはいえ19世紀以前の古い時代のピアノには左右に燭台が付いているのが常ですが、このピアノにはモダンなランプが取り付けられているので恐らく20世紀に入ってから、1920年代位の楽器じゃないかと想像しました。

そうして小さな古民家の我が家に迎えたお金持ちの家出身のアンティークピアノ。あなたの最初の持ち主はどんな人だったの?どんな曲を弾いていたの?モーツアルトの肖像が付いているということは、モーツアルトのファンだったの?

IMG-20210213-WA0013_convert_20210224231943.jpg

なんてことを考えながら、モーツアルトのソナタをよく弾いたものです。それから、なんとなく時代が合っているような気がして、ラヴェルやドビュッシーも。感情を思い切り表現したい時、ふと気が向いた時、いつでも付き合ってくれた古いピアノ。

子供たちが生まれた時、心配になりました。この可憐な芸術作品のようなアンティークのピアノがやんちゃな双子の男の子たちの扱いに耐えられるでしょうか。自分が子供の頃、祖母に買ってもらったピアノでどんな風に遊んだか、よーく自覚があるのでわかるのです。

IMG-20210213-WA0010_convert_20210224232711.jpg

この繊細なビーズのランプシェードなんて、あっという間に引きちぎられてしまうでしょう。かと言って、子供たちに言い聞かせて近づけさせないというのも違うと思うのです。小さい時からピアノに触れて、楽しんで、興味を持って欲しいと思うのです。でも、そのために、100年以上も人から人へと受け継がれてきたこのピアノがわたしの代で壊れてしまうのは忍びない。そこで、大切にできる人に引き渡すことを決意したのでした。

とはいえ元々「どういう由来なのかわからない」と言っていた人から譲り受けたピアノです。一体どの程度の価値があるのか、そもそも欲しい人がいるのかもわかりません。夫が恐る恐るインターネットに載せてみると、最初の投稿はあっという間に削除されてしまいました。なんでも「象牙の鍵盤」と書いたのがサイトの禁止事項に当たっていたらしく、「象牙の取引は法律で禁止されています」という自動メッセージが来てしまいました。そこで気を取り直してもう一度、「象牙」という言葉を遣わずに投稿してみると…そう間を置かずにこんなメッセージが届きました。

「こんにちは。わたしは音楽史研究家のファグスタットという者です。
お持ちのピアノは1870年代後半に作られた非常に珍しいもので、電気を使ったランプは当時では珍しいを通り越して奇跡的な存在でした。制作会社のシュマルカルデン社は1864年には存在が確認されており、1893年から1900年の間に製造を終了しています。このピアノは当時の制作者の最先端の技術を駆使したトップモデルだったはずです。(中略)あなたが設定している譲渡価格はフェア過ぎ、いや、少し謙遜しすぎでしょう。このように美しい姿を保ったまま現在まで伝わる工芸品が相応しい人の手元に渡ることを願ってやみません。」

20210214_141159_convert_20210224225101.jpg

なんと、1920年代どころかそれよりも更に半世紀も遡った19世紀に作られたピアノだったのです!ラヴェルやドビュッシーどころかあのショパンもまだ没後20年程度。ほぼ、同時代人です。クラッシックの数々の名作をタイムリーに奏でていたピアノということになります。そんなすごいピアノを毎日弾いていたなんて。これは本当に腕白双子の餌食にしてはいけない(笑)、名残惜しいけれど、相応しい人に持ち主のバトンを回そうという決意は正しかったのだと益々感じました。

幸いにも、数日後にピアノを是非譲ってほしいという男性が現れました。その人は近くの街で合唱団の団長をしているという音楽家で、合唱団の拠点でこのピアノを展示しながら演奏したいということでした。合唱団の団長さんならピアノを大事に手入れする知識も余裕もあるでしょう。プロの音楽家の手元に渡ることになって、本当によかった!これ以上ない相応しい人が見つかりました。

そして今日、ついに別れの時がやってきました。ピアノ運送専門の業者が我が家にやって来て、刺青に髭面の屈強な男性三人がかりで慎重に慎重にピアノを運び出して行きました。

今までありがとう!大事にしてもらってね。
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

マジパンシュネッケン

本人は認めていませんが、お菓子作りが好きな夫。先週末は自分が大好きなドイツの菓子パン、マジパンシュネッケンを作ってくれました。

マジパンとは、砂糖とアーモンドを練り合わせた飴のような食材で、ドイツのお菓子にはよく使われます。日本人の感想はまちまちで、人によって好き嫌いがあるようですが、とにかく甘いです。

シュネッケンとはカタツムリのこと。カタツムリのような渦巻き型の、マジパン入りの菓子パンなので、マジパンシュネッケンです。出来上がりはこんな感じ。

20210215_172017_convert_20210223200020.jpg

日本では材料が手に入るかどうかわかりませんが、夫から聞いた一応作り方を書き出してみました。

☆マジパンシュネッケンの作り方☆
【生地】
小麦粉 500g
牛乳 250㎖
ヘーフェ(酵母の一種)スプーン一杯
砂糖 50g
バター 80g
卵黄 2個
塩 一つまみ

【中身】
マジパン 300g
砂糖50g
卵 1個
レモンアロマ 少々
小麦粉 30g
卵黄 1個
牛乳 スプーン3杯
レーズン 100g

【つや出し】
アプリコットジャム 150g
粉砂糖 100g
水 スプーン4杯

①生地用の牛乳を生暖かくなるまで温めます。ヘーフェをその中で溶かし、15分程寝かせます。その間に生地用の小麦粉を塩、砂糖、柔らかくしたバター、卵黄と混ぜます。そこに、寝かせ終わった牛乳とヘーフェを加えます。こうして混ぜた生地をこね、一時間ほど温かい場所で寝かせます。

②マジパンと砂糖を混ぜます。卵とレモンアロマをそこに加え、最後に小麦粉を加えます。

③生地を32cm×42cm程の長方形に伸ばし、②を均等にその上に塗ります。端の部分を少し残しておき、そこに卵黄と牛乳を混ぜたものを塗り、レーズンを乗せます。そして生地全体を巻きます。

④③を20個程に切り分け、カタツムリの形を整えます。それらを、ベーキングペーパーを敷いたオーブン板に並べます。

④を200度であらかじめ温めておいたオーブンに入れ、20から25分焼きます。

⑤アプリコットジャムをお湯スプーン4杯で溶き、オーブンから取り出した④がまだ温かい間に塗り、冷まします。その後、水で溶いた粉砂糖を塗ります。

IMG-20210215-WA0003_convert_20210223200307_convert_20210223203811.jpg

ドイツのパン屋では定番のマジパンシュネッケン、こうして自分で作ってみると手間のかかること!…とわたしは思ってしまいますが、夫は突然思い立ち、材料を買ってくると、さくっと作ってしまいます。徒歩数分のパン屋やスーパーで買えるものを敢えて作らなくても…とズボラなわたしは思ってしまうのですが、そういうありきたりのものを敢えて自分で作りたがるというのは実はドイツ人あるある。夫も義家族もそうなのです。

食べる専門の嫁としては、勿論ありがたいのですが…。
コンテントヘッダー

ドイツの鍋料理

まだまだ寒い日が続く今日この頃。日本でも今年は雪が多かったのではないでしょうか。ドイツでは先週から今週にかけて寒波に見舞われ、各地で大雪が降ったり気温が日中でもマイナス10度近くまで下がったりと冬将軍が猛威を振るいました。

寒い時期と言えば、日本では鍋料理がおいしい季節。しゃぶしゃぶやすき焼きが恋しくなります。ドイツ語で鍋料理のことを「Eintopf(アイントプフ)」と言います。ドイツでも鍋料理は冬の料理の代表格ですが、日本の鍋とは少し違っています。

20210131_173846_convert_20210214232411.jpg

こちらはニンジンのアイントプフ。ドイツの鍋料理は、皆で一つの鍋をつつき合うのではなく、鍋でぐつぐつ煮込んだ料理のことで、日本のポトフに近い系統の食べ物です。

「いかにもまずそうじゃないか、そんな写真載せないでよ!」と、この料理を作った夫が横で言っていますが、まさにこのまずそうな見た目こそ、ドイツの鍋の真骨頂!とわたしは思うのです。見た目はとことん無視して内容で勝負!ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ、カブ、セロリと野菜が沢山入って栄養満点です。

20210210_152533_convert_20210214232452.jpg

こちらはWirsing(ヴィアジンク)というキャベツの一種のアイントプフ。ヴィアジンクは日本ではその見た目からちりめんキャベツと呼ばれているそうです。ヴィアジングの代わりにGrünkohl(グリューンコール)、日本ではケールと言われている、原種に近いキャベツを使ったアイントプフもポピュラーです。これらのキャベツ類は冬が旬。キャベツのアイントプフは冬の名物詩となっています。

野菜の他に、ドイツのアイントプフに必ず入っているものと言えば、ソーセージです。日本の鍋では出汁が味の決め手になっていますが、ドイツのアイントプフではソーセージです。ドイツには本当に様々な種類のソーセージがあり、料理の主役になったり隠し味になったり、大活躍です。

これまでに色々な国を旅して来ましたが、ドイツがこれだけは絶対に負けていない!という食材があるとすれば、それはソーセージだと思います。日本の鮮魚のような位置づけでしょうか。欧米のどの国よりも種類が豊富で美味しいです。

ドイツのアイントプフ、鍋で煮込むだけという、基本的にはシンプルで簡単な料理ですが、美味しさの秘訣はこのソーセージだと思います。素朴で質実剛健、いかにもドイツらしい家庭料理です。
コンテントヘッダー

ドイツの偏頭痛クリニック

多才で毒舌、パワフルな義母ですが、この程入院しました。…いえいえ、命に別状はなく、大きな病気に罹ったわけでもありません。若い頃から悩まされている偏頭痛の最新治療を受けるため、キールという北ドイツの港町にあるクリニックに入院したのです。

IMG-20210211-WA0008.jpg

義母からは連日のように写真やメールが送られてきます。こちらはキールの風景。

IMG-20210211-WA0013_convert_20210211231835.jpg

入院中とは言え重病人ではないので毎日普通に散歩に出ているとのことです。

義母の入院しているクリニックですが、ドイツにおける偏頭痛研究の権威と言われるゲーベル教授が率いる先進医療施設。偏頭痛は、他の病気と同じくなってみないとその辛さはわかりにくいかもしれませんが、義母の様子を見ていると、痛み止めを常用し、寝込んでしまうこともあるようです。ゲーベル教授の施設では、痛み止めを使った対症療法だけでなく、最新鋭のスポーツ療法や理学療法、食事療法、そして心理療法を組み合わせ、多角的に偏頭痛の症状を和らげる治療が行われます。治療期間は二週間。二週間至れり尽くせりで、痛み止めだけに頼らない、総合的な痛みマネジメントを学んで帰宅します。

と言うと、一体どれだけ高額な治療なのかと思われそうですが、ドイツにはこうした療養施設が症状や病気によって様々存在し、全て健康保険がカバーするので無料なのです。

義母から日々のスケジュール表を見せてもらいましたが、スポーツ、痛みのメカニズムに関するセミナー、自分の症状を知るためのセミナー、リトミック(音楽療法)、ヨガに呼吸法トレーニングと大学の講義のように予定が目白押し。安静にする入院生活とは違って退屈する暇はなさそうです。わたしも去年の夏は切迫早産で二か月ほど入院しましたが、その時は絶対安静指示が出ていた為毎日が退屈でした。

退屈の他にもう一つ入院生活で辛かったのは、食事が美味しくなかったこと。でも、義母によれば、この偏頭痛クリニックの食事は選択肢も多く非常に美味しいのだとか。

IMG-20210211-WA0010_convert_20210211231943.jpg

義母は食事に関しては贅沢を言わない人で、健康で火が通っていれば何でも食べるという人ですが、ここの食事は本当に良いのだとか。

IMG-20210211-WA0002_convert_20210211231912.jpg

確かに、送られてきた写真を見ると品数が豊富で美味しそうです。
わたしが入院していた大学病院では時折「病人にこんなもの食わせるなんて虐待だ!」と思うような代物も出されましたが、ここはまるでホテルのレストランのようです。

ブログに載せると言ったら気前良く治療内容や写真を送ってくれた義母。歯に衣着せぬ毒舌に閉口することはありますが、基本はいい人です。最先端の治療を受けて益々パワーアップして帰ってきてくれることでしょう。
コンテントヘッダー

夫婦セラピー

子供が幸せであるためには親が幸せであることもとても大事です。ドイツでは親のメンタルをケアする様々なプログラムがあり、保険適用のものから自己負担で行われるプライベートなものまで選択肢も多様です。産後うつのセラピーなどは勿論全額保険適用で無料、その他にも産後うつの女性をパートナーに持つ男性の心のケアや支援プログラムもあります。

そうした中、わたしたちは今日夫婦セラピーというものに行ってきました。…と言うと、夫婦仲が悪いのかと思われるかもしれませんが、夫婦仲は結婚以来ずっと絶好調です。家族が増えて、これから新しいステージに入ったわたしたちの関係をより豊かにするために専門家を交えて話し合った…という所です。

今回のセラピーは完全プライベート。つまり保険適用外。日本語の「診療所」という言葉があまりピンと来ませんが、セラピー会場となる精神科医のオフィスはこのような閑静な住宅街の中にあります。

20210208_104356_convert_20210209001114.jpg

先生はスラっとした優しそうなブロンドの女性。まるで先生の自宅に招かれたようなオシャレでプライベートな診療室でした。

ところで、幸せで満ち足りた夫婦関係にとって絶対不可欠なものと言ったら、日本では何が挙がるでしょうか?お互いへのリスペクト?信頼?平等な役割分担?ドイツでは、これらが出来ているのが当たり前という前提で、所謂「夫婦生活」が、健全で真っ当な重要テーマとして市民権を得ています。日本ではまだまだこうしたテーマを専門家と一緒にまるで「夫婦間の家事分担」と同列に話す習慣は定着していないのではないでしょうか。ドイツでは、そうしたテーマを専門に扱う夫婦・カップルセラピーが広く浸透し、完全に市民権を得ています。

そんなこと、第三者と話し合うなんて、いくら相手が専門家でも恥ずかしい!と思うかもしれませんが、相手はプロ。恥ずかしい思いなど一秒たりともする必要なく、ごく自然に、幸せな夫婦生活の妨げとなっているトラウマやコンプレックスを掘り下げ、解決法と癒しを提示してくれます。90分間のセラピーの後はなんとも言えないすっきり感と、夫婦の絆を実感することができました。

日本はドイツに比べ、大人の欲求を満たす文化が複雑怪奇に発達しています。例えば日本には当たり前に存在するキャバクラやホストクラブなどが、ドイツにはありません。また、日本には昔からある大人用のアニメや漫画もドイツにはありません。最近になって一部が日本から輸入され、日本語の「Hentai」という言葉で呼ばれていますがマニアの間で知られているに留まっています。

その一方で、ドイツのように、こうしたテーマを子供も交えて健全で真っ当な話題としてオープンに話す習慣はまだまだ定着していません。上記のように、複雑で倒錯気味な性文化があるからこそ、それらの話題は「秘め事」としてタブー視されがちなのかもしれません。

でも、こうしたテーマと健全に向き合えるかどうかというのは、夫婦関係にとって、また、家庭にとって非常に大切で、ひいては健全な社会の基礎でもあります。昨今日本で度々問題視されるジェンダーを巡る政治家の失言なども、ここの帰着するのではないでしょうか。
Profil

ナナコ・ゲーリンク

Author:ナナコ・ゲーリンク
ドイツに嫁いで11年、可愛い双子の男の子を授かりました。720gと940gという超未熟児で生まれてきた二人。色々な人や機関のお世話になって、無事に我が家に迎えることができました。
このブログでは、ドイツでの暮らしと子育てのことと同時に、いつか成長した子供たちが読んでくれてもいいように、日独夫婦のわたしたちが歩んできた道のりについても書いていきたいと思います。
ブログも手探り、子育ても手探り、こんな人でも海外で暮らしてるんだぁ…と読んでいただければ幸いです。

Neue Beiträge
Neue Kommentare
Monatliches Archiv
Kategorie
Suche
RSS Link
Links
Blogfreund Einladung

Mit dieser Person Blogfreund werden